×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

個人再生

自己破産は破産手続き廃止決定後の収入や財産は原則すべて破産者の物となって自由に使用や処分をしても飯野ですが、個人再生では原則3年間は債務者の収入から借金を債権者に返済していかなければならなくて、その返済額も自己破産で債権者に配当される配当額を上回るような必要があるのです。個人再生のデメリットとは?

 

そして、個人再生は自己破産のような免責不許可事由はありませんから、浪費やギャンブルなどで多額の借金をしてしまった時でも要件に合致すれば利用できて、自己破産のような資格制限もありませんから、例えば司法書士や弁護士の役員などの職に就いたまま利用できるようになっています。そして、個人再生はと高低超低Jもともに毎月の返済金額を圧縮して一定の金額を3年〜5年程度で分割返済するといったことによって、破産を回避していきながら経済的な再生を目指していくような法的な手続きとなります。

 

そして個人っ再生と自己破産は、自己破産ならば借金がすべて免除されると言ったことに対して、個人版民事再生は全額免除ではなくて、既存の謝金を減額してもらって、その金額について元素工として3ン円監視裸払っていくといった美無がある点が大きな違いになります。ですからしっかりと確認ください。


このページの先頭へ戻る